kitsunekinema キツネキネマ

映画の感想.etc....

【洋画】JOKER - ジョーカー - 映画感想

AmazonPrime

UNEXTで追加料金がかかりますが視聴できます!

 

2019年制作 アメリ

 監督 トッド・フィリップス

出演 ホアキン・フェニックス

   ロバート・デ・ニーロ

f:id:kitsunekinema:20200210163024j:plain

<あらすじ>

しがない道化で病気の母を支えつつも

いつかあこがれの人気コメディアンの番組に出演したい夢を持つ男が

社会や環境により狂気のカリスマヴィランに変貌するまでの物語

DCコミックスバットマン』に登場する最強の悪役ジョーカーが

誕生する経緯を描く。ホアキン・フェニックスがジョーカーを演じる

 

 

新たなJOKER 

ホアキン・フェニックス

アカデミー主演男優賞受賞!

 

 

<感想>ネタバレなし

 

まだ映画観ていない方は、おすすめとして下記の映画観るのがおすすめです。

映画「キング・オブ・コメディ」(1982年制作 アメリカ)

主演 ロバート・デニーロ

<あらすじ>

スターを夢見るコメディアンのが人気コメディアンを誘拐

要求内容は一晩だけのTV出演

タクシードライバー」のスコセッシ=デ・ニーロコンビで、

願望実現のために常軌を逸する男と現代社会に息づくささやかな狂気をリアルに描いた作品

 

あらすじをみれば「JOKER」と「キング・オブ・コメディ」との共通性がわかるかと思います。

 

「キング・オブ・コメディ」で主演を務めたロバート・デニーロが「JOKER」では

人気番組の司会者役で出演

オマージュやリスペクトを絡められた作品になりますので先に

キング・オブ・コメディ」を見ているとより「JOKER」が楽しめます!

 

かなり印象に残るシーンが多い作品でした。

ホアキン・フェニックスのやせほそった骨ばった背中が、いびつな狂気を感じさせます。

ところどころの衣装なども凝っていて、物語の状況に華を添えていますね

階段で踊るシーンは脳裏に焼き付きました。自分も小躍りしたくなります!

 

 

ホアキン・フェニックス

映画「グラディエイター」(2000年制作 アメリカ)で敵役の第17代ローマ皇帝を演じているの観たとき、いい役者さんだなぁと思っていました。

(この作品でアカデミー賞ゴールデングローブ賞など名立たる映画賞の助演男優賞にノミネートされました。)

ただ突然ラッパーになるなどトリッキーな行動がおおくなかなか波乱万丈でした。

元々家庭環境が特殊で貧困に苦しんだり新興宗教に両親が所属していたことや

兄の名優リバー・フェニックスが薬物大量摂取し死亡する現場に居合わせたことなど

壮絶な人生を経験しています。

久しぶりに拝見した映画の役がホアキン・フェニックス本人にリンクしている部分もあるかもしれないですね

この怪演は必見です!

 


 

 

バットマン関連映画の歴代ジョーカーは、下記の3人です。

 

ジャック・ニコルソン 『バットマン』 1989年制作

子供のころに何度も見たバットマン作品 魅力的な狂気の悪役

ジャック・ニコルソンのはまり役です!

 

ヒース・レジャー 『ダークナイト』  2008年制作

ジャック・ニコルソン越えは難しいとされていたが、コメディ部分があまりなく

狂気さましたJOKER! 歴代一位という声もありますね

かっこいい役もできるのにこんなにも恐怖のシンボル役もできるのすごいです

 

ジャレッド・レト 『スーサイド・スクワッド』2016年制作

バットマン作品のスピンオフ 

正直上記の二名に劣ってしまいますが、もともと登場時間も少なく番外編って感じです。

マーベル作品の「モービウス」にて吸血鬼の超人を演じるようです。

期待ですね!

 

 

 

ウイルスを扱ったパンデミック映画紹介

この時期はインフルエンザが流行り、健康に対する意識が高まる季節ですが

今年は、コロナウイルスという未だワクチン開発などがされていない

未知の病気が流行っていますね。

もし大都市で未知の病気が流行した場合どうなるのか町は死に耐える状態になり

都市機能や対策などは?またデマ情報に踊らされパニックになる人々など

今観るべき映画かもしれません

デマなどに惑わされず冷静な節度ある行動をとりたいものです。

 

今回紹介する映画は、未知のウイルスが発生し大流行になるというものを

題材にした映画になります。

紹介作品

アウトブレイク

(2020/02/05 現在 Amazon Prime  Videoにて配信中

 

コンテイジョン

(2020/02/05 現在 Amazon Prime  Videoにてレンタル配信中

(2020/02/05 現在 NETFLIXにて配信中

 

 下記にあらすじがあります。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

アウトブレイク

1995年制作 アメリカ映画

主演 ダスティン・ホフマン

   レネ・ルッソ

   モーガン・フリーマン

f:id:kitsunekinema:20200205200145j:plain

<あらすじ>

アフリカで発生した致死率の高い未知のウイルスが偶然アメリカに持ち込まれる

人に感染をする 飛沫感染によって「アウトブレイク(爆発的な感染」が始まってしまう。さらに被害はどんどん拡大

医学防衛を任務とする「アメリカ陸軍感染症医学研究所」所属のサム・ダニエルズ軍医大佐(ダスティン・ホフマン)が原因究明とワクチン開発のため奔走する

 

 

<感想>

街に感染が広がり隔離措置が施された場面

感染者が家族から出た家は、家の前に目印に白い旗やシーツを見える形で

野外に出すシーンが無常さなど心を締め付けるシーンでした。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

コンテイジョン

2011年制作 アメリカ映画

監督 スティーブン・ソダ―バーグ(オーシャンズ11

出演 マリオン・コティアール

   マット・デイモン

   ローレンス・フィッシュバーン

   ジュード・ロウ

   グウィネス・パルトロウ

   ケイト・ウィンスレット

f:id:kitsunekinema:20200205202118j:plain

<あらすじ>

地球規模で新種のウィルスが感染拡大していく恐怖を描いたサスペンス大作。

接触感染により数日で命を落とすという強力な新種ウィルスが香港で発生。

感染は瞬く間に世界中に拡大していく。

見えないウィルスの脅威に人々はパニックに襲われ、

その恐怖の中で生き残るための道を探っていく。

 

<感想>

現代に舞台が近いためインターネットやSNSから発症や状況などで

感染情報や誤情報を信じ動く大衆など

ウイルスにより社会が混乱し人々が異常なパニック状態の描写などは

ドキュメンタリーのようです。

 

【洋画】クロスゲージ 映画感想

『クロスゲージ』(Most Wanted) 1997年製作 アメリ

 

主演:キーネン・アイボリーウェイアンズ

   ジョン・ボイト

f:id:kitsunekinema:20200129021302j:plain

 

【あらすじ】

ジェームズ・ダン(キーネン・アイボリー・ウェイアンズ)は射撃の名手だったが、誤って上官を撃った罪で死刑を宣告される。命と引替えに軍の秘密部隊ブラック・シープの一員となったダンは、ケイシー中佐(ジョン・ボイト)の命により、大統領夫人をエスコートする実業家ビッカート(ロバート・カルプ)の暗殺を図るが、別の狙撃者により大統領夫人が撃たれ、犯人として指名手配される。

 

【感想】

わざわざレビューをブログで書く人がいるのかなと自

分でも思ってします程のマイナー映画 

一部カルト的な人気があるような作品でもないですが自分はこの作品が好きです。

昔にテレビの金曜ロードショーで観たときに気に入りました

最近とても見たくなり、DVD購入

 

主演のキーネン・アイボリーウェイアンズは映画「グリマーマン」のほうが有名ですね

何かと悪い役が多い印象があるジョン・ボイトアンジェリーナ・ジョリーの実父)

記者役の方は、サイモン・ベイカーさんですね(ドラマ「メンタリスト」主演)

 

ありがちな設定や皮肉なセリフが多いなど90年代のアメリカらしい映画です。

氷の弾丸や、高層ビルからの脱出などの要素

またテンポよく鑑賞できます。それなりに緊迫感などもありいい!

とても鑑賞しやすい作品です。

何の観るものがないがそれなりに面白く肩の力を抜いてみたい映画を

お探しの方におススメ掘り出し映画です!


 

 

 

劇中セリフ

<死刑囚官房へ移送中のジェームズ・ダン>

 

ジェームズ・ダン「手錠がきついんだ緩めてくれないか?」

警備看守A「黙れ」

ジェームズ・ダン「玉が痒いんだ 掻いてくれないか」

警備看守A「黙らんと撃ち殺すぞ、射殺許可が下りているんだ」

ジェームズ・ダン「誰のだ?俺の?お前の?」

 

警備看守A「おい、死刑囚!勲章をもらったって本当か?」

ジェームズ・ダン「ああ」

警備看守A「お前みたいなクズにもそんな勇気があるのか?」

ジェームズ・ダン「お前(警備看守A)の妹と寝た」

警備看守B「あはっはは!(爆笑する) そいつは勲章もんだー!」

 

 

 

ジェームズ・ダン狙撃ポジションにて準備中

 

黒服「バリスティックH2O、氷の弾だ」

ジェームズ・ダン「次は何の弾丸を考えるフルーツフレーバー付きの弾か」

 


 

【洋画】アート・オブ・ウォー 映画感想

国連の秘密工作人 ウェイズリー・スナイプス

2000年製作のアクション映画

タイトルの「アート・オブ・ウォー」は、「孫子」(兵法書)の英語訳を指しています。

紀元前500年ごろの中国春秋時代の「孫武」が記したとされる兵法書

孫武は戦争の記録を分析・研究し、勝敗は運ではなく人為によることを知り、勝利を得るための指針を理論化して、本書で後世に残そうとした。

 主演:ウェズリー・スナイプス

 

f:id:kitsunekinema:20200122045629j:plain

 トレーラー

 

【あらすじ】

秘密裏に国際問題を解決する国連の特殊部隊所属のニール・ショー(ウェズリー・スナイプス)中国大使暗殺の濡れ衣を着せられ、マフィアの三合会にも命を狙われる

 

【感想】

久しぶりに見たくなったので最近また見直しまいたが、やはり面白い映画ですね。
2000年問題Y2K)の時事ネタが出たり
中国と米国の貿易関係の問題など、今見ると時代背景が懐かしいですね。
冒頭からウェズリー・スナイプスのアクションたっぷりです!
今見ても細かい演出がニヤリとさせるものがありますね
例えばFBI捜査官の銃を奪った後、返す際にすぐに撃てないようマガジンが外れるように渡した後、銃身内の銃弾も抜いてるぜっていうニクイ場面
銃を暴発させて攻撃するや超接近戦銃撃戦など
アドレナリン出ちゃいますね!

 

残念ながら日本語版ではBlu-ray化されていないようです。DVDを購入して視聴しました。

ぜひとも日本語版でBlu-ray化してくれませんか?

ウェズリー・スナイプスの吹き替え大塚明夫さんだからぜひともお願いします。

 

 

【香港中国合作映画】カンフー・ジャングル 映画感想

カンフーシリアルキラー 対 ドニー・イェン兄貴!

『カンフー・ジャングル』(原題:一個人的武林(香港タイトル)、一个人的武林(大陸タイトル)、英題:Kung Fu Jungle、US/UKタイトル:Kung Fu Killer)は2014年に公開された香港、中国合作映画。

香港の中国返還後、中国大陸の急激な経済成長に吸収されてゆく香港映画界。

長年アクション映画に携わってきた監督のテディ・チャンは、

なかでも衰退した功夫アクション映画とそこに従事してきた

人々に対するリスペクト作品      ウィキペディア引用

主演:ドニー・イェン

f:id:kitsunekinema:20200114234048j:plain

【あらすじ】

ある武術一門の一番弟子であり警察学校の教官を務めていた

ハーハウ・モウ(ドニー・イェン)は、他流試合で対戦相手を殺してしまい

服役する身であった。ある日、南拳の達人が撲殺されるという事件のニュースを

テレビで見たハーハウは、その事件の陣頭指揮を執るロク警部に会うために

刑務所で乱闘騒ぎを起こす。

3年間模範囚であった彼がなぜそのような事を起こしたのか、

面会に来たロクに対し、ハーハウは犯人が功夫の達人であり

今後犠牲になるだろう何人もの名前を口にして事件解決の協力をする代わりに

自分を釈放しろと要求する

 

 

 

【感想】 

犯人の目的は、

拳術

「脚技」

「擒拿術」(きんなじゅつ)中国武術で用いられる関節技の総称である

「武器」

「内家」(ないか)太極・形意八卦掌などを指す、中国武術の専門用語である

「五門合」

各カンフーの達人を達人の得意な技で倒し最強になること

 

カンフ―もり沢山!いろんなカンフーが見れます!

ドニー・イェン兄貴はもちろんすごいのですが

犯人役の方もすごい各武術を披露してくれます!犯人のほうが戦っているシーンが多い!

 

 

 

 


 

 

 

 

下記にネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犯人が「カンフーは殺人拳だ」と言うのですが、

最後は警部の拳銃により殺されてしまいます。

衰退したカンフーアクション映画に対する皮肉を込めたメタファーになっていますね

 

幼いころ「燃えよドラゴン」「酔拳」「プロジェクトA」などの

カンフー映画に魅了されてきた自分にとっては少し切ない描写ですね

 

【洋画】ゴジラ  キング・オブ・モンスターズ 映画感想

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、日本の映画キャラクター「ゴジラ」に基づいた2019年のアメリカ合衆国のSF怪獣映画である。日本ではゴジラ65周年記念作品となる。また、レジェンダリー・ピクチャーズ製作の怪獣映画を同一世界観のクロスオーバー作品として扱うモンスターバースシリーズとしては第3作目の映画である。 ウィキペディア引用

f:id:kitsunekinema:20200112230521j:plain


モンスターバースシリーズ

・「GODZILLA ゴジラ

・「キングコング:髑髏島の巨神

・「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(「GODZILLA ゴジラ」の続編)

・「Gozilla vs.Kong」 (アメリカ公開予定2020年11月20日

 

【感想】ネタバレあり

ゴジラキングギドラモスララドンと怪獣盛りだくさんの内容!

怪獣出しすぎてうまくまとまるかなっと心配したが、問題なく良い作品でした!

怪獣デザインもハリウッドらしく練られており演出もよかったです。

人物の描写に「アレ?」って思う個所はありますが、怪獣パワーでねじ伏せた感じです!

怪獣たちは神話や逸話の存在として伝承されていたなど巨神として

独自の設定解釈でなど良くできていました。

ゴジラキングギドラモスララドン以外にも

キングコング他の怪獣併せて総勢17体の怪獣が今作で現代に復活しているようです!

エンドロールとポストクレジットに次回作への小ネタなどがあり

これは次回作も楽しみですね!

 

 

オリジナルの日本のゴジラ映画のオマージュなどもあり、過去作品に思いれがある方は、「おっ!」と感じるかと思います。

ゴジラの有名な曲が流れていましたね

 

また芹沢博士がゴジラ復活のために核を起爆する手伝ったシーンでは、

懐中時計を持っていましたね!

 

芹沢猪四郎は広島出身の設定で、原爆によって父を亡くしている。前作では、原爆で怪獣を撃退しようとする軍隊に向かって異議を唱えた。その際に、提示されたのが父の遺品である8時15分で止まった懐中時計だった。

 

 

人間ドラマ部分は傲慢と自己犠牲が主題のような作品でしたね

神話や宗教ではよくモチーフになる主題ですね

今作は神話がベースなのでその辺も加味したのかもしれませんね

日本版のゴジラも芹沢博士がゴジラを殺す兵器を二度と使わせないよう

自らを亡き者にすることでその製造を隠そうとした自己犠牲とダブりましね

 

 

この博士役の人きれいだなぁ思ってたらチャン・ツィイーじゃないか!

キレイ!全然ふけないな!

 

ちなみに自分が好きなゴジラ作品は

ゴジラ対ヘドラ」「ゴジラビオランテ」です!

エメリッヒ版「GODZILLA」もあれはあれで好きです!

 

 

 

 


 

 


 


 

【洋画】「大脱出」 「大脱出2」 「大脱出3」 映画感想

大脱走シリーズ三作品を鑑賞したので感想を記します

「大脱出」原題: Escape Plan

ダブル主演   シルベスター・スタローン

        アーノルド・シュワルツェネッガー

脱獄アクション映画

f:id:kitsunekinema:20200109165657j:plain

 

 

【あらすじ】

自ら収監された上で、刑務所の盲点を付いて脱獄する有名なセキュリティ・コンサルタントであるレイ・ブレスリンは、CIAからやってきた女性ジェシカより、新たな依頼を受ける。それは連邦政府が極秘支援している絶対に脱出不可能とされる非合法の監獄であり

報酬も2倍出すという。依頼を承諾し、ポルトスの偽名を与えられたレイは拉致同然に連れて行かれ、今まで見たことがない造りの監獄に閉じ込められる。レイは危険を感じて計画中止のサインを所長のホブスに伝えるが、彼は知らないと言い、騙されたことを知る。

 

【感想】※ネタばれあります

冒頭から脱獄シーンがあり、テンポもよく楽しめました。

 

場所もわからない施設

外部からの支援もない状態から脱獄のためにいろいろな知識を

使い脱獄の糸口をつかむ脱獄作品の醍醐味ですね

 

個人的に楽しめたのは、終盤のアーノルド・シュワルツェネッガー

軽機関銃を手にした際

スローモーション演出は笑いました!刮目せよと言わんばかりのシーン

 

面白い脱獄映画の一つになりました。

「大脱出2」感想は下へスクロール↓

 


 


 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「大脱出2」原題: Escape Plan2:Hades

シルヴェスター・スタローン主演の『大脱出』の続編。

今回はアーノルド・シュワルツェネッガーに代わり、デイヴ・バウティスタが相棒を演じる

 

f:id:kitsunekinema:20200109165712j:plain

 

 

 

【あらすじ】

前作から5年後、脱獄のプロ・ブレスリンは一流のスタッフを集めた警備会社を新設し、

後進の育成に当たっていた。

そんなある日、スタッフのシューが姿を消し、コンピューター制御された

最強セキュリティシステムの監獄“ハデス”に収監されているという噂が流れる。

レスリンはシューを救うべく、かつての友人デローサと共にハデスに収監され、

知力と体力、カリスマ性をフル稼働させて脱獄に挑む

 

【感想】※ネタばれあります

 

シルヴェスター・スタローン主演

今回はアーノルド・シュワルツェネッガーに代わり、

デイヴ・バウティスタが相棒を演じる

のですがスタッフのシューを演じるホアン・シャオミンのPVです

中国資本入ってる感がする


シルヴェスター・スタローンが主役なのにほとんど場面がない
看守にばれないよう糸口を探すなどのシリアスなシーンは、ほとんどなく

テンポの悪い映画でした正直良いところがない映画です。
しいて言い所を上げるならホアン・シャオミン好きの方は視聴してもいいかも

 

「大脱出3」感想は下へスクロール↓ 

 


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「大脱出3」原題: Escape Plan3:The Extractors

シルヴェスター・スタローン主演の『大脱出2』の続編。

前作に続き、デイヴ・バウティスタ  が相棒を演じる

f:id:kitsunekinema:20200109165728j:plain

【あらすじ】

“脱獄のプロ”として知られるレイ・ブレスリンはある日、ローという男からの救出依頼を受ける。救出対象は、数日前に何者かに誘拐された

世界的ハイテク企業ジャン社の社長令嬢ダヤ。ローはかつてダヤの身辺警護を務めていた。

レイは早速、相棒のデローサとローと共にダヤ救出に動き出す。

その結果、彼女が“悪魔砦”に囚われているとの情報をつかむ。

“悪魔砦”とは、すべてが謎に包まれ、これまで出たものは誰もいないという秘密の監獄であった。

“悪魔砦”に潜入したレイ達の前に立ちはだかったのは、かつて彼が大海原に浮かぶ監獄要塞“墓場”で倒したレスター・クラークの息子レスター・ジュニアだった。しかもレスター・ジュニアは、レイのパートナーであるアビゲイルまでも拉致していた。

 

 

 

【感想】※ネタばれあります

 

前作はシューを演じるホアン・シャオミンのPVでしたが、

今回は、社長令嬢ダヤの元恋人で元護衛のシェン・ロー演じるマックス・チャンのPV

中国資本入ってる感全開です!

 

前作に続き

主演シルヴェスター・スタローン 前作に続き、相棒デイヴ・バウティスタ

ほとんど出番がないです。

そもそも脱獄物ではなく、救出物(エクスペンダブルズ化してる)

タイトルにそぐわないじゃん

定番の人物もアッサリ退場するし、

終盤のレイのセリフ「俺のオヤジはロクデナシ・・・・うんたらかんたら」

このセリフと演出の意味がわけわからん

いいとこなしの作品

 

鑑賞してよかったところは、ショットガンの弾の種類に

「ドラゴンブレス弾」(実在している弾丸)というものがあるみたいです。

その発射演出が見れたのはよかったかなここだけ個人的にいいポイント!

 

 

KSGのショットガン最近よく出ますね!「ジョン・ウィック」以降

先日視聴した「6アンダーグラウンド」にも登場してましたね

 

ドラゴンブレス弾(ドラゴンブレスだん、Dragon's breath)は、12ゲージ散弾銃用に設計された焼夷弾である。マグネシウムのペレットが封入されており、発砲時の火花によって着火する。この際の燃焼範囲は銃口からおよそ100フィート程度とされる。通常は12ゲージ2・3/4インチのショットシェルとして装填される。インプ・シリンダーなどの絞りがついた銃身からでも安全に発射できる[1]

この銃弾軍隊警察といった公的機関で使用された記録はないが、射撃時の派手な効果は花火のように印象的であり、また、アメリカ合衆国では民間での所持に法的規制がないことから愛好家が多い。一部では遭難信号としても使用されることがあるとされる。個人の自衛や防犯の目的においては、威嚇用途や低致死性の銃弾として使用されている。一般的な散弾に比べるとやや高価である。戦闘で使用されない理由の1つとして、ほかの銃弾よりも低圧の装薬が用いられている点がある。このため、半自動式散弾銃で射撃した場合はガス圧が不足し、正常に動作しないのである。 wikipediaより引用

 


 


 

 「大脱出」シリーズ総評は下へスクロール↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大脱出」第一作目のみ観ればいい!以上!

 

 

一作目が良くてニ作、三作と面白くなくなる

以前にも経験が

ウェズリー・スナイプス主演「アート・オブ・ウォー」だ!