kitsunekinema キツネキネマ

映画の感想.etc....

【洋画】ゴジラ  キング・オブ・モンスターズ 映画感想

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、日本の映画キャラクター「ゴジラ」に基づいた2019年のアメリカ合衆国のSF怪獣映画である。日本ではゴジラ65周年記念作品となる。また、レジェンダリー・ピクチャーズ製作の怪獣映画を同一世界観のクロスオーバー作品として扱うモンスターバースシリーズとしては第3作目の映画である。 ウィキペディア引用

f:id:kitsunekinema:20200112230521j:plain


モンスターバースシリーズ

・「GODZILLA ゴジラ

・「キングコング:髑髏島の巨神

・「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(「GODZILLA ゴジラ」の続編)

・「Gozilla vs.Kong」 (アメリカ公開予定2020年11月20日

 

【感想】ネタバレあり

ゴジラキングギドラモスララドンと怪獣盛りだくさんの内容!

怪獣出しすぎてうまくまとまるかなっと心配したが、問題なく良い作品でした!

怪獣デザインもハリウッドらしく練られており演出もよかったです。

人物の描写に「アレ?」って思う個所はありますが、怪獣パワーでねじ伏せた感じです!

怪獣たちは神話や逸話の存在として伝承されていたなど巨神として

独自の設定解釈でなど良くできていました。

ゴジラキングギドラモスララドン以外にも

キングコング他の怪獣併せて総勢17体の怪獣が今作で現代に復活しているようです!

エンドロールとポストクレジットに次回作への小ネタなどがあり

これは次回作も楽しみですね!

 

 

オリジナルの日本のゴジラ映画のオマージュなどもあり、過去作品に思いれがある方は、「おっ!」と感じるかと思います。

ゴジラの有名な曲が流れていましたね

 

また芹沢博士がゴジラ復活のために核を起爆する手伝ったシーンでは、

懐中時計を持っていましたね!

 

芹沢猪四郎は広島出身の設定で、原爆によって父を亡くしている。前作では、原爆で怪獣を撃退しようとする軍隊に向かって異議を唱えた。その際に、提示されたのが父の遺品である8時15分で止まった懐中時計だった。

 

 

人間ドラマ部分は傲慢と自己犠牲が主題のような作品でしたね

神話や宗教ではよくモチーフになる主題ですね

今作は神話がベースなのでその辺も加味したのかもしれませんね

日本版のゴジラも芹沢博士がゴジラを殺す兵器を二度と使わせないよう

自らを亡き者にすることでその製造を隠そうとした自己犠牲とダブりましね

 

 

この博士役の人きれいだなぁ思ってたらチャン・ツィイーじゃないか!

キレイ!全然ふけないな!

 

ちなみに自分が好きなゴジラ作品は

ゴジラ対ヘドラ」「ゴジラビオランテ」です!

エメリッヒ版「GODZILLA」もあれはあれで好きです!