kitsunekinema キツネキネマ

映画の感想.etc....

【洋画】JOKER - ジョーカー - 映画感想

AmazonPrime

UNEXTで追加料金がかかりますが視聴できます!

 

2019年制作 アメリ

 監督 トッド・フィリップス

出演 ホアキン・フェニックス

   ロバート・デ・ニーロ

f:id:kitsunekinema:20200210163024j:plain

<あらすじ>

しがない道化で病気の母を支えつつも

いつかあこがれの人気コメディアンの番組に出演したい夢を持つ男が

社会や環境により狂気のカリスマヴィランに変貌するまでの物語

DCコミックスバットマン』に登場する最強の悪役ジョーカーが

誕生する経緯を描く。ホアキン・フェニックスがジョーカーを演じる

 

 

新たなJOKER 

ホアキン・フェニックス

アカデミー主演男優賞受賞!

 

 

<感想>ネタバレなし

 

まだ映画観ていない方は、おすすめとして下記の映画観るのがおすすめです。

映画「キング・オブ・コメディ」(1982年制作 アメリカ)

主演 ロバート・デニーロ

<あらすじ>

スターを夢見るコメディアンのが人気コメディアンを誘拐

要求内容は一晩だけのTV出演

タクシードライバー」のスコセッシ=デ・ニーロコンビで、

願望実現のために常軌を逸する男と現代社会に息づくささやかな狂気をリアルに描いた作品

 

あらすじをみれば「JOKER」と「キング・オブ・コメディ」との共通性がわかるかと思います。

 

「キング・オブ・コメディ」で主演を務めたロバート・デニーロが「JOKER」では

人気番組の司会者役で出演

オマージュやリスペクトを絡められた作品になりますので先に

キング・オブ・コメディ」を見ているとより「JOKER」が楽しめます!

 

かなり印象に残るシーンが多い作品でした。

ホアキン・フェニックスのやせほそった骨ばった背中が、いびつな狂気を感じさせます。

ところどころの衣装なども凝っていて、物語の状況に華を添えていますね

階段で踊るシーンは脳裏に焼き付きました。自分も小躍りしたくなります!

 

 

ホアキン・フェニックス

映画「グラディエイター」(2000年制作 アメリカ)で敵役の第17代ローマ皇帝を演じているの観たとき、いい役者さんだなぁと思っていました。

(この作品でアカデミー賞ゴールデングローブ賞など名立たる映画賞の助演男優賞にノミネートされました。)

ただ突然ラッパーになるなどトリッキーな行動がおおくなかなか波乱万丈でした。

元々家庭環境が特殊で貧困に苦しんだり新興宗教に両親が所属していたことや

兄の名優リバー・フェニックスが薬物大量摂取し死亡する現場に居合わせたことなど

壮絶な人生を経験しています。

久しぶりに拝見した映画の役がホアキン・フェニックス本人にリンクしている部分もあるかもしれないですね

この怪演は必見です!

 


 

 

バットマン関連映画の歴代ジョーカーは、下記の3人です。

 

ジャック・ニコルソン 『バットマン』 1989年制作

子供のころに何度も見たバットマン作品 魅力的な狂気の悪役

ジャック・ニコルソンのはまり役です!

 

ヒース・レジャー 『ダークナイト』  2008年制作

ジャック・ニコルソン越えは難しいとされていたが、コメディ部分があまりなく

狂気さましたJOKER! 歴代一位という声もありますね

かっこいい役もできるのにこんなにも恐怖のシンボル役もできるのすごいです

 

ジャレッド・レト 『スーサイド・スクワッド』2016年制作

バットマン作品のスピンオフ 

正直上記の二名に劣ってしまいますが、もともと登場時間も少なく番外編って感じです。

マーベル作品の「モービウス」にて吸血鬼の超人を演じるようです。

期待ですね!